スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

402 封鎖されたPSP

お久しぶりです。
暫く更新していませんでした、ごめんなさい。理由の一番は更新時間がなかったことにあります。
引っ越し準備が佳境に入ったり、今年度の教職員異動で恩師の方が多数異動されてしまったり、親戚への挨拶回りに赴いたり、放置していたゲームに浸かってしまったり……と、大事な用事からどうでもいい用事まで忙しい2週間でした。気付けば、今日が我が家で過ごす最後の日。長かったようで、短かった合格後の生活でした。すっかりグダグダ生活に慣れてしまいましたけど。

【402 封鎖されたPSP】
で、さっきまでみのりが虜になっていたゲームなんですが、『428 封鎖された渋谷で(CHUNSOFT)』でした。CHUNSOFTと言えば、みのりにとっては『かまいたちの夜(我孫子武丸)』シリーズなのですが、『428』では我孫子武丸さんに加え、奈須きのこさんのボーナスシナリオまで含まれているとのこと。それだけでも十分興味深かったものの、友人の「くちゃくちゃ面白くね?!」という熱烈な推薦を受け、この度購入を決めました。買う前にAmazon評価を見たんですが、レビューがあれだけついてるのに平均で☆5つなんですね。期待大です。

とりあえず、本編の通常ENDを迎えられました。ここまでプレイ時間約19時間。1日は24時間なのに19時間。ちなみに、19/24=79.9%。センターの目標得点率と同じくらいですね。おそらく、ここまでぶっ続けで楽しめたゲームは初めてプレイしたADV『ひぐらしのなく頃に 皆殺し編』以来だと思います。その後、「さぁて、おまけシナリオでも埋めるかー」と攻略サイトを見てみると、実は真ENDがあるらしい。おいおい、まだあるのかよ…と苦笑しながらも、喜び勇んでゲームを再開したところ、
PSPの電源が突然落ちました。
え?嘘だろ?と思い、何度もバチバチ入れ直すものの、息を吹き返す様子はありません。
おわたー……とりあえず一晩放っておいて明日の朝付かなければ、カスタマーサポートに連絡しようと思います。
CFW化もしてませんし、まだ保証期間内です。一瞬青くなったみのりですが、ちょっと安心しました。
でも……これだけのめり込んで楽しんでいたゲームが、あとちょっとのところでお預けに。
……残念。でも、おかげでこうしてブログを更新することができました。それに、多分壊れなかったら筑波大についた途端、荷物の梱包をとくこともせず、ベッドの上でPSPをやり続けたところでしょう。ある意味、良かったのかな…とポジティブシンキングしようと思います。

【お引っ越し】
筑波の話をしましたが、送る荷物は全部で8個になりました。オークションのためにクロネコメンバーズになっていたので集荷依頼は簡単だったんですが……何とも物々しい人数で集荷に来てくださいました。送る荷物のうち2つは極端に重くなっていたようで、運送業者の男性の方でさえ2人がかりで運んでいました。入居当日に親同伴でいくか、勇気を持って隣人さんにお願いして手伝って頂くことが必要みたいです。
送った荷物の内訳ですが、

①書籍関連(65%)
英数の参考書:中経の数学シリーズやNextStageなど。
小説(NDCでいう913):米澤穂信全巻,角川スニーカーミステリ倶楽部アンソロシリーズ,他未読本とか。
マンガ:ブラックジャック文庫版全巻,あずまんが大王新装版全巻,よつばと!全巻
パソコン関連:AfterEffectsの指南書,初級シスアドで使った参考書とか
書類:倫理関係の本やプリント(趣味)
②パソコン関連(20%)
ハード:パソコン本体,液晶,外付け1GBHDD,2層対応ドライブ(焼けないけど),コード類
ソフト:AfterEffectsパッケージ,他いわゆるパソゲー(minori他)
③生活必需品類(15%)
スーツ,体操服,食器,コンタクト,衣類その他…。

生活必需品少ないなー。段ボール2箱で終わりました。本当はEuphoniumも送りたかったんですが、防音設備に不安を感じたので、見送り。もし大丈夫のようなら、後ほど持って行きたいです。唯一扱える楽器なので。
ちなみに、家電はポットだけ送りました。これで焼きそばかカップラーメンは食べられます。とりあえず入居当日には「炊飯器」と「自転車」、「カーペット」を買おうと思っています。
みのりの料理スキルは「1.お湯を沸かすこと」「2.レンジでチンすること」「3.ご飯を炊くこと」のみです。でも、ご飯が炊ければ何とかなる気がしています。きっと後々思い知るのでしょう。

さぁ、今日の記事は長いぞー…筑波に行ったら、しばらくネットが使えないらしいので書きためておこうと。

【異動】
みのりは中学校の教諭には殆ど愛着を感じていなかったのですが、高校には恩師と呼べる先生がたくさんいました。卒業後、会いに行って話したいなー、と思える先生も10人以上はいました。ところが、今年の教職員異動……あまりにも、お世話になった先生が多すぎました。特に、社会科の先生方。3年間でお世話になった先生だけがそっくり異動。その他にも、古典の解釈が大変興味深かった国語の先生や、委員会でお世話になった保健室の先生。顧問を務めてくれた図書の先生、化学の先生。あげくには、みのりの文章に「ファンです」と言ってくださったカウンセラーの先生。みんなそっくり異動です。さすがにショックが大きかった……というわけで、離任式には行けそうになかったので30日には挨拶回りに行きました。殆どの先生にお別れを言えて良かったです。珍しいことに、何人かの方には手書きで手紙もしたためました。ただ……お世話になった恩師の先生まで含め「大好きな母校」だったので悲しさは拭えませんね。
ちなみに、みのりの母校はこの駅が最寄り駅の例の学校でした。「はなまる幼稚園」を見た後に流れたCMに映っていて、「えっ?!」と思って探してみると公式でUPされていました。読売新聞やナビタイムがプロジェクトしたものらしいです。確実にあの駅ですね。分かる人には分かるはず。敢えて駅名は載せません。

ちなみに、ここで公開されていました。
Friend-Ship Project 第7弾


この電車でピン!と来た人がいたらなかなかのもの。
soubu.jpg

駅の形が特徴的ですが、わかりにくい右側が使われています。でも、バス停のシマシマと、このポストが特徴的ですよね。
post.jpg

「なか卯」や銀行が写っている全景。あー、○○○駅ですね!駅前の情景から学校までの通学路が目に浮かびます。
zenkei.jpg


【小説】
例の真希乃編を原稿用紙40枚くらい書いて、断筆。あー、全然萌えない……。「ボクカバ(略してみる)」は純然たるミステリにしたかったので、無駄な描写を散々省いたんです。でも、真希乃編は主眼を「趣味」においたので、ロジック上必要のないところをいっぱい書いていたんですが、無駄に冗長。そして面白くない。散々悩んで、諦めました。これはもう少し、筆が滑らかになってから書きたいと思います。で、今書こうとしているのが今度は「鞄入れ替わり」モノではなく「鞄盗難」モノ。プロットは6割出来たんですが、いわゆるロジックエラーと根拠の弱さに悩んでいます……はい、悩んでいます。

【個人的な反省】
2ヶ月前に決意していたことを振り返ってみたいと思います。
◆ブログを開設する! →完了。
◆小説を書き上げて、応募する! →完了。
◆毎日1枚絵を描いて、イラストを描けるようになる! →1週間位練習。余りに下手すぎて、描いてて全く楽しくないので、絵は諦めようかと思いました。
◆AfterEffectsを極める! →確かに技術は上がったかなと。でも、全く誇れるレベルでは無いといったところ。そろそろオリジナルをやってみたい。
◆1日1個料理を作って、自炊の練習! →ご飯が炊けるようになりました。
◆プログラミング(予定ではVBかC)を習得する! →本すら買わずに終了。
◆バイエルを使って、キーボードの練習! →30番くらいまで頑張りました。
◆タイピングの位置を矯正する! →必要性は感じるけど、急務じゃなかった。諦めた。

まぁ、個人的には小説が完成したので良かったかな!と思っておくことにします。


ブログの記事ながっ!
明日も「とうとう、今日が引っ越しです。」なんて更新しそうな予感。
スポンサーサイト

みのりが使った参考書 ①英語編

今日はびっくりすることがありました。
なんと!ついに!みのりのぶろぐにコメントが!
これほど嬉しいことはありませんよ!
トリックに関する感想が含まれていたからか、コメント自体は非公開です。お気遣いありがとうございます。どこまで返信していいかわからなかったのですが……返信は「3/6 卒業式終了。」の記事をご参照ください。記事以上に長い返事が読めます。トリックには言及していないのでご安心ください。

今日は今までとはうって変わって参考書の紹介です。
「参考書」というのは、あらゆる書籍の中で最も好みがわかれる部類ではないかと常々思っています。単語帳にしろ、長文問題集にしろ、センター対策にしろ……数多出ている山から自分の好み、レベルに合った本を探すのは非常に難しいでしょう。みのり自身も、何冊も何冊も購入しました。で、2~3ページやって嫌になって放置している本もあります。
だったら、わざわざ紹介する必要もない……かとも思いますが、後輩諸君に「先輩はどんな本使ってました?」って聞かれる度に「いや、参考書は個人の好みがあるからさ」というのも何だか不親切。というわけで、自分の受験勉強を振り返る意味合いも込めて、色々書いておこうと思います。

目標大学:たぶん、筑波とか千葉とかあたり
センター:8割から9割が目標

①高校2年生9月
英語へのとてつもない不安を感じていたため、駿台に通い始めました。その後推薦で受かるまでずっと駿台に通っていましたが、この1回目の授業が一番役だったかな。なにせ、みのりはこの時まで5文型すら知らないで過ごしていました。OやらCやら意味がわかっていなかった。それどころか、「国語には形容詞と形容動詞があるけど、英語に形容動詞はないの?」みたいなことを常々思っていたレベル。学校がとりあえず進学校だったので文法系の授業は1時間もなく、副教材を各自家でやっといて、と英語のチャート式を渡されただけでした。敢えてForestでない当たりにこだわりを感じます。ともかくダメダメでした。駿台に入ってとりあえず、英語の参考書を毛嫌いせずに読めるようになりました。

②高校3年生夏他
【単語帳】ターゲット1900
英単語ターゲット1900―大学入試出る順 (大学JUKEN新書)英単語ターゲット1900―大学入試出る順 (大学JUKEN新書)
(2006/10)
宮川 幸久

商品詳細を見る

シス単とか色々手を出したけどこれが一番でした。「何使ったってどうせ覚えにくいんだよ!」と開き直れば、最高の単語帳。ともかく覚えた単語がすぐテストに出てきます。頻出順という表記を初めて信じられた単語帳。とりあえず、セクション1を9割方覚えてしまいましょう。センター試験風の模試において、開始5分で机に突っ伏す状態から時間が足りない…!の状態まで変われます。セクション2を覚え始めると、記述系の長文問題集とお付き合いができるようになります。単語だけやっても……ってよく言われますが、やっぱり単語は大事だなぁと痛感しました。セクション3には手を出していません。ターゲット関連のCDとかDS、カードなんかも買ってみましたがとりあえず本さえあれば大丈夫です。

【長文問題集】:大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編
大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編
(2008/04)
安河内 哲也

商品詳細を見る

夏休みに毎日使っていました。これをやる前とやった後でセンター得点率に大きな差が。5割方だった点数が9割方に。その後、徐々に落ち続け8割程度に止まりはしたものの、読解の基礎はこの本で作れたと思います。音読の大切さを身にしみて感じた本です。問題量は少ないですが、1つの長文に5~6時間は付き合いました。普通に解く(30分)→徹底解説で文構造を確認(1時間)→家で音読(1時間半)→次の日にもう1度解く(30分)→→しばらくおいてもう1サイクル(3時間程度)って感じです。文構造が全ての文に対して載っていますし、単語もかなり基礎的な部分(interestとか)から載っているのでこれ1冊でコンパクトに勉強できます。

【長文問題集】やっておきたい英語長文500
やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)
(2005/05)
杉山 俊一塚越 友幸

商品詳細を見る

ハイパートレーニング2が終わった後にやり始めました。もう全然読めません。ターゲットのセクション2レベルの単語が覚えたと同時にどんどん出てきます。解説は上ほど丁寧ではないですが、こちらが躓くところを全部わかっている上でポイントを押さえた解説が用意されています。途中の英文であまりにも難しすぎて…といった文章もありましたが、記述に慣れることができた本です。実は全部終わっていません。

【英文法】"NextStage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント205の征服
NextStage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント205の征服NextStage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント205の征服
(1999/11)
不明

商品詳細を見る

結構賛否がわかれる本ではありますが、何よりデザインが好きでした。ムダがない。そして何だか紙の匂いが好きなんです、この本。予備校では駿台講師が執筆しているせいか「UPGRADE」を薦められましたがこちらはデザインが好きになれませんでした。やっぱり、頻繁に見る参考書はデザインも重要だと思います。一時期、間違えた問題をカード式にして暗記していましたが、物理的に重たい本でも無いので持ち歩きながら通学中等にパラパラ暗記するのがいいと思います。1週から2週でセンターの文法問題6~7割は正解できます。正解できなくても、解答のポイントが理解できるだけの知識がストックされます。

【英文法】英作文基本300選―英語的発想の日本語をヒントにして覚える
英作文基本300選―英語的発想の日本語をヒントにして覚える (駿台受験シリーズ)英作文基本300選―英語的発想の日本語をヒントにして覚える (駿台受験シリーズ)
(2004/10)
飯田 康夫

商品詳細を見る

英作文の本ですが、並べ替え問題や文法問題にもかなりの効果を発揮します。短文暗記、短文暗唱をバカに出来なくなる本。理屈重視のこの本ですが、「理屈で身体に刻む」ことが貫かれているので単語暗記ほどつらくはありません。とりあえず、1つ目のパート「5文型」をやってみるとセンターの並び替え問題の正答率が飛躍的に上がると思います。

【リスニング】対策無し
おかげで、センター平均点すら取ったことがありません。

という感じでしょうか。基本的にこのあたりを使って英語は乗り切ってきました。
次は数学編。いつになるかはわかりませんが。

卒業式終了。

以下珍しく真面目に書いてみようと思います。

さて、卒業式が終わりました。
形式的には3月末日までは高校生のままですが、実質的にはこれでみのりの高校生活も終わりとなります。

思い出等々だらだらと語るのも良さそうですが、何だか途中で飽きちゃいそうなので。
寝ることもなく、高校生活への名残惜しさを感じながらの卒業式。
そんな卒業式を過ごせただけでも、中学生活との差は大きなものがあるように思います。
「私は、○○高校に入学して良かったと思っている」アンケートで、97%の生徒がYESと答えられるだけある実に良い学校でした。本当に。
「○○でしかできない経験」がたくさんありました。ありがとう。

特に委員会の後輩諸君。君たちの存在は非常に大きかった。少人数の部活動の利点は人間関係が強いこと、これに尽きると思います。色んな部活動で色んなお祝い品をもらいましたが、卒業アルバムのメッセージ欄は個人的に最高の贈り物です。慕ってくれてありがとう。そして、これからも頑張ってください。すごく恥ずかしいこと言っていますが、まぁ今日ぐらい言ってしまいましょう。

そういえば、部活顧問の先生方にお別れを述べに言ったんですが、みのりの執筆した小説を読んでくれていた先生がいました。筑波大のAC入試(落ちましたが)、推薦入試を受験した時に大変お世話になった先生です。「騙された!でも、これはちょっと反則じゃん?」の一言、すごく嬉しかったです。ありがとうございました。

後は……昨日の話ではありますが、小学校からの図書委員生活の集大成となる「優良図書委員賞」を千葉県何とか図書館部会からいただきました。「頑張ったで賞」みたいな名前ですし、図書委員が表彰台に?ってことで、爆笑の渦に巻き込まれながらの表彰でしたがやっぱり嬉しいものですね。後輩諸君から後ほどは散々、「先輩は別に優良じゃない!」みたいなことをぶつぶつ言われましたけど(笑)

さて、珍しく真面目なことを散々書かせてもらいました。
今日明日くらいはゆったりして、あさってくらいからは微分積分行列英語をゴリゴリやらないと。
やらないときっと大変なことになりそうです。

それでは。

予餞会終わり。明日は卒業式。

今日は予餞会でした。予餞会っていうのは、いわゆる「3年生を送る会」のことです。我が校では伝統的に「予餞会」と呼んでいるみたい。
と、みのりは実は3年生。本来は送られる側であるはずなのですが、今回は大分能動的に活動してしまいました。以下、ムービーパートと、小説パートに分けて記載。小説の最後にこのブログのことを匂わせたので、もしかしたらそれで飛んでくる人がいるかもしれませんね。

《小説パート》
「Buun Project2009」という団体に小説を書かせてもらいました。みのりの小説を読んでくれた方、できれば感想等をブログにコメントして頂けると大変嬉しいです。励みになります。
 今まで題名を書いていませんでしたが、『ボク<僕>のカバンはどこへいった』というタイトルの短編ミステリです。日常の謎に叙述っぽい雰囲気を絡めたみた作品。小説としては短いですが、他の小説団体さんの冊子を読んでみると、ちょっと部誌に載せるには長すぎたな…という気がしました。高校在学中に書いた小説はこれを含めて全部で3作。1作目は、委員会の先輩と共作。2作目は、とあるミステリ小説の外伝的なものだったので二次創作。完全オリジナルはこれが初めてでした。
 何が辛かったって、論理矛盾。ロジックエラー。トリック不成立。あちらが立てば、こちらが立たぬって経験をいっぱいしました。もう他のものが手に付かないんですよ。何度、絶望を味わったことか…ただ、そういう意味合いも含めて、「小説を書く」というのは最高に有意義な時間潰し(時間食い)でした。特に集会等で効力を発揮しましたねー。立ったまま寝ることもなく、ずーっと頭の中でネタや言い回しを考えてられるんですよ。そうすると、寝るな!と怒られることもない(笑)
 ちなみに、みのりの小説スタイルは「とりあえずトリックを考える→ある程度の物語の枠組みを決める(大雑把にフローチャートが作れるくらい)→執筆する(大雑把ではなく、その時点での最高のレベルまで。WORDで横書き。縦書きだとちょっと見にくい)→執筆途中でトリックを骨太にする小ネタを思いつくと前に戻りながら執筆を続ける→縦書きに出力→誤字訂正など→完成」といった形です。実際初期段階の作品を見ると、トリックがただの屁理屈にしか見えませんでした。え、完成版も屁理屈ですか?それは、ご勘弁願います……。
 今、新しい作品を書いてます。今度は、叙述ではないジャンルのミステリに女装少年を絡めて書いているんですが、なかなか巧くいきません。女装少年部分の描写が全然面白く書けないんですよ。だったら、ミステリだけにしちゃおうかと検討中。ただ、本格的に書けるのは卒業してからですね……というか、そろそろ勉強しなくちゃまずい!
 ブログには近日中にアップします。どういった形式で上げるかも検討中。pdfで出力してあるんですが、webで見るにはちょっと難あり。
 他の部誌だと、G部の小説にみのりの書いた先輩っぽいキャラが出てきていましたね。なんか親近感を感じてパラパラ読んじゃいました。恋愛小説だったんですが、すごく良かったです。この作家さんとお話できたら楽しいだろうなぁ、なんて思いました。

《映像パート》
 AfterEffectsCS3で大体60時間かかって作った5分間の動画。結構皆さんに受けたので安心しました。しらけたらどうしよう……とそればかり気にしていたもので(笑)
 特に「おっ、受けてるなー」と思った部分、拍手を受けた部分は以下の2つかな。
・ライトバーストロゴ(ayato@web様のTIPSより)→レンズフレアと放射状ブラー。参考例よりちょっとレンズフレアの光量を強めにしてみました。
・校章がくるくる回って消えていくシーン(オリジナル)→校章のファイルをまずはキーイングして背景色を消す。次に、レイヤーを3Dにする。後は、スケールとY回転、Z回転の値をキー打ちながら適当に変えていく。
 そういえば、先ほどAmazonからCS4アカデミック版のパッケージが届きました。でも、すぐにインストールしていじれないんですよねー。学生証を写メして、Adobeからシリアルナンバーを送ってもらわねば。それにかれこれ一週間かかるみたいです。つらいなぁ。ちゃんと今回はトレーニングディスクを活用したいと思います。我流だとどうしても基礎があちこち抜け落ちる気がするんですよねー。
 放送委員会のムービーはPremiereで作られていましたが、画面割りやタイミングの取り方がもの凄く巧くて、さすがだなぁと思いました。「技術はまず盗め」と言いますし(言わない?)、あの画面割りは今後是非やってみたいと思います。

明日はついに卒業式です。

パソコン届きました。

念願のネットブックが届きました。
EeePCの1005HAです。
このスペックで32000弱はなかなかだと思います。
ともかく軽い。
動作じゃありません。質量的に。
注文して2日で届いたのも嬉しいですね。
見た目なかなかいいですよ。
みのりは白を購入したんですが、貝殻ってウリは伊達じゃないです。
まだまだ負荷をかけて遊んだりはしていませんが、持ち歩き用としてはちょうどよさそう。
・・・ただ、2月中みのりは何日外に出るんでしょうね。
おそらく10日切るんじゃないかな。

さてさて。
今、いわゆる初期設定に追われています。
とりあえずネット周りの設定、オフィスのインストールを終わらせました。
IMEだと誤変換が激しい…これからATOKをインストールします。

ところで、Outlookに主メールアドレスにしているlivedoorからアカウント設定をしたんですけどね。
livedoorメールは数年前からサーバ運用、サポートまですべての部分でGoogleのシステムを採用しており、UIもGmailとほとんど変わりません。しかし、細かいところで違うんですね。ちょっと手間取ってしまいました。
で、データを受信してみました。
2年前くらいからかな、当時のメールがどさどさ送られてくるのですよ。
戯れにいくつか開いてみたんですが、もう恥ずかしくて恥ずかしくて。
みのりが漫画的清純派女子高生だったら、「いやっ」とついつい顔を手で覆いたくなるくらいです。
加えて、Outlook側で設定を「低」にしているのに、当時のメールのほとんどは迷惑メール認定されてしまいます。
難しいですね。

しかし…まだまだキーボードにも慣れないです。。。
打ちづらい。

初期設定もあらかた終わりましたし、処理させてる間は小説の推敲を続けようかと思います。
FC2カウンター
プロフィール

柚木みのり

Author:柚木みのり
趣味:女装・読書(国内推理小説)
サークル:大学ではミス研。趣味では同人サークル「きゅうり定数」の主宰です。女装や制服の評論本・研究本を出してます。

Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ

秋葉原電気外祭り minori eden 

読書メーター
minori_yukiの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。