スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤朽葉家の伝説(桜庭一樹)

赤朽葉家の伝説赤朽葉家の伝説
(2006/12/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

記念すべき1回目の読書録は、巷で(少し前に)話題となった桜庭一樹の『赤朽葉家の伝説』となりました。
この本と出会ったきっかけの根本は、私が大好きな作家である米澤穂信のブログに、彼女の名前が登場したことでした(米澤穂信の著作に関しての読書録は後ほど)。最初に読んだ彼女の作品は、『少女には向かない職業』でしたが、これに関する読書録も後ほど機会があれば書いてみたいと思います。

いや、ともかく面白い!単行本で300頁、しかも2段組みと3~4日はかかるかなぁと思い読み始めましたが、やっぱり面白い本はどんどん読めちゃうものです。21:00ぐらいから読み始めて4:00ぐらいまでかけて一気に読んでしまいました。おかげで、学校でも眠くて眠くて大変でしたけど。

まず、読了後の1つの感想として、この作品は果たしてミステリだったのかな、というところです。日本推理作家協会賞を受賞と帯にも書いてありますし、何となく『女王国の城(有栖川有栖)』のようなイメージを読む前は思っていたのですが、全く違いました。どちらかというと、トリック重視や謎解きというよりは、シナリオ側面重視的な本です。そういうわけで、ミステリではないかなぁ…と思ったりもしていますが、むちゃくちゃ面白い本であることに変わりはありません。

桜庭一樹の著作を読むたびに、女性の書き方がきっとものすごい上手い作家さんなんだろうと思います。『少女には向かない職業』では葵と静香という2人の少女に焦点が当てられていましたが、今回は女3代の成人女性達に焦点が当てられました。時代を反映した彼女らの“女性”という言葉に対する考えは、結婚、夫、家での立ち位置、発言、それら全てに影響を及ぼします。世代によって、思った以上に違うものなんですね。また、今回は男性側にも焦点が当てられていたように思います。
戦争に行って、活躍できる男。活躍できない“おんなおとこ”。
喧嘩に強く、女を守れる男。
女友達と話すように気軽に話せる男。
実生活ではどちらかの性の心理しか実体験できませんから、自分の併せ持たない側の心理が事細かに描写されている小説を読めることは貴重なことのように思います。

残念だったのは、平成の時代しか生きておらず、出てくる事件の名前が殆どわからなかったことです。読後、母親に聞いてみると「私が読んだら面白そうじゃん?」と言っていました。でも、桜庭さんも若手の作家さんです。きっとたくさん研究されたんですよね。娘じゃないですが、“まるで視てきたような”描写にやっぱりスゴイ人だなぁと思います。

桜庭一樹面白いですねー。他の著作も読んでみたいと思います。
そして、このブログの文章は、へたくそですねー。書いているうちに、精進したいものです。
とりあえず明日のブログには、学校で借りた梶尾真治の『精霊探偵』を書けるかな。今晩読破できたら。
おしまい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

柚木みのり

Author:柚木みのり
趣味:女装・読書(国内推理小説)
サークル:大学ではミス研。趣味では同人サークル「きゅうり定数」の主宰です。女装や制服の評論本・研究本を出してます。

Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ

秋葉原電気外祭り minori eden 

読書メーター
minori_yukiの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。