スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G線 その2 & 卒業関連進捗2

今日は、勇気を振り絞って小説を同級生2人に読んでもらいました。
やっぱり人に読んでもらうのはいいです。いろいろな指摘を頂けます。
で、思ったのがミステリーを書いて一番嬉しいのはこの言葉なんだなって。
「面白い」とか「のめり込める」ではなく「全然気付かなかった!」
最高です。
とりあえず、ミステリ通の後輩に今日の指摘を反映した訂正版を読んでもらえるよう頼み、小説は一段落。
果たして、どんな感想を頂けるでしょうか。最後まで騙し通せるでしょうか。
怖いような、そわそわです。

卒業関連進捗(終了は■)。
【映画】クラス
■NGシーン ■OffShot ■本編リメイク
□追加シーン編集 □メニューメイキング ■外フィルム作成
■DVDに落とす(レーベル作成)

【メモリアル】有志
■アンケート ■表紙 ■裏表紙

【Project】有志
□Movie1 □Movie2 □Movie3 ■小説 □家族計画レビュー

あ、『G線上の魔王』はハルルートが終わりました。
今のところの正直な感想として、
魔王の正体は微妙(おかげで冷めに冷めた場面となってしまいました)。
3~4章のトリックも微妙(面白いんですが、似たようなミステリが結構たくさん)。
5章の盛り上がりは絶妙(素晴らしい。このシーンだけ何度も繰り返したくなります!)。
と、ここまでの段階では
「やっぱり、『車輪の国、向日葵の少女』の方が上だったなー」
と思っていました。あのトリックは、美少女ゲームの盲点をついた非常に斬新なトリックです。
美少女ゲームをやっていればやっているほど陥りやすい…か、どうかはわかりませんが本当に巧かった。
でも、それも5章が終わってから一変しました。
最後の落とし方が本当に凄い!
ついつい、余裕を持って構えてしまいましたよ。
おかげで、すっかり騙されました。えぇ、向日葵並の気持ちよさで。見事に。
というわけで、他のヒロインはおいおい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

柚木みのり

Author:柚木みのり
趣味:女装・読書(国内推理小説)
サークル:大学ではミス研。趣味では同人サークル「きゅうり定数」の主宰です。女装や制服の評論本・研究本を出してます。

Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ

秋葉原電気外祭り minori eden 

読書メーター
minori_yukiの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。