スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉桜の季節に君を想うということ(歌野 晶午)

今日はバレンタインデーですっ!
毎年手作りでいっぱい(友チョコだけどね…)作ってるんだけど、学校もないから作る量が少なくて楽っ♪
…結局、高校生のうちに本命作るチャンスは訪れなかった(泣)

……まぁ、当然1行目以外は虚言です。真実度40~50%くらい。
そもそもみのりは料理は不得手…どころか調理実習以外経験ないです。
そういえば、ニュースで見たんですけど「バレンタイン限定・強制プロポーズセット」ってのがあるそうですね。
中にはレプリカの指輪と貯金箱、誓約書が入っていて、『 「本物の指輪を買うために、貯金します!」と誓う為の誓約書を彼が記入し、レプリカ指輪をとりあえず渡してもらい、指輪代を貯金する』セットらしいです。
ここまででも十分面白かったんですが、その誓約書が将来的に指輪の割引券になるとのこと。
すごいですねー。

さて、久しぶりに読書録の更新ですね。
後輩から借りっぱなしだったコレ、卒業目前にしてようやく読み終わりました。
だいたい5時間くらいで読了。

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
(2007/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る


凄いキレイな印象を受けるタイトルですよね。
読む前にみのりの頭に浮かんだのは、百人一首だとか初恋だとか平安だとかそんなイメージでした。
ところがどっこい、1行目からびっくりです。叙述とは聞いていましたが、まず題名に騙された気分でした。
文章もちょっと癖がある印象を受けますが、読みづらさは全くありません。むしろ、好みの文体。

で、やられましたね。
見事に…えぇ、それは見事に落とされました。ここまでスッキリ落とされた叙述は久しぶりです。話題になったのもわかります。巧い。巧すぎます。ぜんっぜん気付きませんでした。
最近は叙述モノばっかり読んでますし、自分で書いた最新の小説も叙述ネタですし先入観を出来る限り廃すことを心がけて読んでいたつもりなんですが…読み始めて数秒で既に術中にはまっていたようです。
この本の最後には「補遺」があります。これがまた何とも憎らしいんですよ。「ほら?君の思いこみってこんなにあるんだよ」って作者さんに嘲笑されているような気分。でも、そこが悔しくて悔しくて楽しいんです。

紹介文には「究極の徹夜本」とありますが文章自体は、ぐいぐいのめり込む…といった面白さはありません。ただ、「必ず二度、三度と読みたくなる」本であることは事実です。みのりも読み終わって暫くは引っかかっていた描写のページに何度も戻って確認し続けていました。で、読み返すたびに感心することしきりです。

この叙述はオチを知ってショックを受ける人が多数出たことでしょうね。
みのりは途中まで読みながら「『G線上の魔王』のBGMかけたくなるなぁー。何だか美少女ゲームみたいな展開じゃん」なんて思っていました。
そして、オチを知ってショックを受けました。誰に?そんなことを想像していた自分に、です。
・・・読了した方ならわかってもらえるでしょう。

あんまり書くとネタバレになりますね。これは向日葵(『車輪の国、向日葵の少女』でも『向日葵の咲かない夏』でも可)以上にオチを知ったらショックを受ける作品です。
そして、そのオチは余りに単純。でも全く気づけなかった。だから、すぐに悔しがれます。
スパッと騙されたい叙述を求めている方がいれば、是非。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

柚木みのり

Author:柚木みのり
趣味:女装・読書(国内推理小説)
サークル:大学ではミス研。趣味では同人サークル「きゅうり定数」の主宰です。女装や制服の評論本・研究本を出してます。

Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ

秋葉原電気外祭り minori eden 

読書メーター
minori_yukiの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。