スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転裁判4(CAPCOM)

今日は国立大学の前期試験です。
大変ですねー、とか言いません。みのりは殺人事件の被害者になりたくないので。

で、終わりましたよ、『逆転裁判4』。何を今更って突っ込みたくなりますが、やっぱりナルホド君が主人公じゃないと思うと、買ったはいいけどやる気が起きなかったんですよね。
でも、やってしまいました。ナルホド君が出なかろうと、やっぱり『逆転裁判』シリーズです。

逆転裁判4 NEW Best Price!2000逆転裁判4 NEW Best Price!2000
(2008/04/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る


今、画像を貼ってびっくりしたんですがベストプライス版だと2100円で買えちゃうんですね。損か得かだけで考えても、この値段で買えるのなら十分お得なゲームです。ただ、当時の限定版の値段を考えるとちょっと高めな買い物でしたね。しかも、限定版に付いてきたあのヘッドフォン。買った方ならおわかりでしょう。ちなみに、みのりのは3日で使い物にならなくなりました。

まぁ、値段に関してはどうでもいいんです。大事なところは内容。これ単体としてみると、そこまで悪くないんじゃないかと思います。謎に関しても、結構巧く伏線を張り巡らせている感じでした。システム面も大幅に改良されています(甦る逆転と比べると大差ないですが)し、科学捜査という手法もなかなか楽しめました。

ただ、ちょっと残念なのは…んー。例えていうなら、Key作品の『リトルバスターズ!』みたいなイメージですかね。今までのゲームがあまりにも秀逸すぎて、新作も十分に面白いのにちょっと評価が厳しくなる…!ってところ。1~3があまりにも面白すぎたんですね。それに比べるとどうしてもちょっと劣ってしまうと思います。何がっていうと、ともかく他のレビューサイトさんが仰っているように『爽快感』が無いんですよ。こう『異議あり!』って叫んで胸が高鳴る感じが無い。特に、それが最終章で顕著。もしかしたら、その原因は冗長になった探偵パートにあるのかもしれません。法廷パートの方がオマケって感じなんですよね。
で、音楽に関しても絶対に本作から始める人にとってはいいな!って思えるはずです。ただ、前作からのフィルターがかかっているせいで「ここでこう盛り上がるぞ!」ってところで、別の旋律に入っちゃうときにどうしても違和感。特に、法廷での音楽。そして、前作ほどの高揚感がない。
と、なぜそんな否定的に捉えるかといえば、ひどく主観的な、だけれども決定的に不満な点があったからで。それは、真宵ちゃんが出てこない…。実際、今まで散々いろんなゲームやってきましたが、彼女ほどツボにはまったキャラはいなかったんですよ。あんなに魅力的なキャラは他にいないと思います。というか、まだ出会ったことありません。で、あまりに哀しかったので逆転裁判1の最終章だけもう1度今やっていたり。

珍しく酷評しましたが、前作までの作品レベルがあまりに高かったため、期待しすぎたというところでしょう。それに、そんなにつまらないゲームだったらそもそもレビューなんて書きません。単体として捉えれば、決して2100円で損するゲームではありません。ボリュームもなかなか。ちゃんと徹夜してやらせるだけの面白さのあるゲーム。最終章での伏線の回収の仕方も巧い。あ、こうやって決着するのか…と感心することしきり。Amazon的に☆をつけるとしたら、☆4つのゲームって感じでしょうか。ただ、やっぱり真宵ちゃんに会いたかったなぁ。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

柚木みのり

Author:柚木みのり
趣味:女装・読書(国内推理小説)
サークル:大学ではミス研。趣味では同人サークル「きゅうり定数」の主宰です。女装や制服の評論本・研究本を出してます。

Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ

秋葉原電気外祭り minori eden 

読書メーター
minori_yukiの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。