スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みのりのメインコンピューター

友人から「今度BTOパソコン買うから、みのりのパソコンの感想教えてよ」ってメールが来ました。まぁ、いつか書こうと思っていたので折角だからここに書いてしまおうと思います。

BTOというのは、Build to Orderの略でイメージとしてはセレクト給食です。とりあえずご飯と一品が決まっていて、例えばルーをシチューにするか、カレーにするか…いちいちたとえを出すとわかりにくいですね。基本的な構成が決まっていて、CPUを何にするかとか、VGAを高性能にするとか、モニタをどうするか…とかオプションを付けて好みのPCを注文するといったスタイルのことですね。

BTOといえば、ソーテック、マウスコンピューター、デルあたりが有名ですがみのりが選んだのはマウスコンピューターです。散々悩んだんですけど、一番の決め手はXPモデルが買えるということでした。初号機VAIOのVISTAで大失敗していたので、7に手を出しにくかったんですよね。でも、7も試してみたい…そんな中、マウスコンピューターには7のダウングレードサービス付きのモデルがあったんです。これが一番の購入の決め手です。なんだかんだでOSは重要。
で、次に良かった点は価格。安い!もうこっちが怖くなるくらい安い。ってことでマウスコンピューターに決定。

ちなみに、選んだ基本モデルはこれ。Amazonリンクが簡単に作れるのは楽ですね。
Lm-i700S (XPモデル) ( Core i7-860 4GB 500GB XPProfessional(7 Professional Downgrade) GeForceGT220 )Lm-i700S (XPモデル) ( Core i7-860 4GB 500GB XPProfessional(7 Professional Downgrade) GeForceGT220 )
()
マウスコンピュータ

商品詳細を見る


で、基本が94500円です。スペックについてはこの後追っていきます。追加料金についてもそれぞれの部分に明記するつもりです。

■OS:Windows XP ProfessionalSP3 32bit(Win7 PRoダウングレード)
これが要素として大きかった。XPが嫌になったら7に出来ますし。あ、ちなみにみのりが使っているのはXPです。ただ64bitとは随分悩みましたね。というのも、みのりはこれで映像編集を部活やら趣味やらでやっているので搭載されるメモリの容量は結構重要になってきます。32bitでは4GBまでしかメモリは認識されません(実際は3GB程度ですが)。でも64bitなら幾らでも搭載できます。映像編集では3Dも時たま扱うのでメモリは欲しいだけ欲しいところですが…現行ソフトやハードの動作を優先して32bit版を買いました。

■CPU:インテル® Core™ i7-860 プロセッサー 2.80GHz
最新銘柄CPUですよ。流行りのターボブーストテクノロジーですよ。初号機VAIOのCeleronM(1.73GHz)とはもうレベルが違いますよ。サクサク動く。マルチスレッド対応ソフトを使えばもう明らか。レンダリングの速さが違う。このCPUを基本搭載してるっていうのはやっぱり魅力のうちの1つでしたね。ゲームに関しては、そんなに重いものは試してません。でも、きっとサクサク動くんでしょう。動画編集ソフト付けながら、画像編集立ち上げても、Office2007立ち上げても全然…ではないけど、かなり平気。

■メモリ:DDR3 SDRAM 4GB PC3-10600(2GB×2)
2GBの2枚差し。実際に認識されるのは4BGとはいきませんがそれでもまぁ十分。時々、動画編集の方から苦情がきますがそこまで問題でもありません。

■HDD:1TB SerialATAⅡ(標準500GB)【追加料金:4830円】
HDDはキャンペーン中だったので思い切って1TBに。SSDにも興味がありましたが、メインのデスクトップでSSDはつゆとも考えていません。

■VGA:NVIDIA QuadroFX580 512MB 【追加料金:28350円】
いや、本当のところ、みのりには不釣り合いなVGAなんですけどね。見込み投資に近いです。宝の持ち腐れっていうか。いまいち、やっぱりこれがあると○○違うぜ!みたいに言い切ることはできません。ただOpenGL系であることや、消費電力を考慮した結果の選択でした。今後、このVGAを有用にしていけるよう精進します。

■モニタ:21.5型ワイド光沢液晶【追加料金:17850円】
そろそろ書くのが面倒になってきたなぁ…。これ、ウチのテレビよりでかいんですよね。机の上に置くと、いちいち勉強する時にどかさなきゃいけない大きさ。おかげで、勉強頻度がどんどん下がっています。マウスコンピューターのBTOって画面がセットでないものが多いので、この追加料金はまるまる画面代です。

■その他
・マウス 1260円
・サポート 7350円
・送料 6300円
・カードリーダーをお金をケチってつけなかったのが痛い。いちいちリーダーをUSBで付けるのが面倒

あと、付属ソフトが諸々(マウスの付属ソフトはそんなに多くないです。これも利点)ついて総額160440円。やっぱりVGAが高いなぁ…よく考えると、今打ってるEeePCと殆どかわらない金額ですよ。宝の持ち腐れ状態を打開しないといけませんね。

パソコンを使っての感想ですが、何よりサクサク動きます。で、画面解像度も大きく取れるのでゆったりしていてストレスを感じません。そして、何より音と温度。今使ってるEeePCの方が音が大きいくらいです。ファン(ちなみに、LGA1156用CPU FAN))の音も殆どしません。熱を持つこともない。起動速度についても、帰ってきて電源入れて、制服脱いだらもう完全に起動してます。映像編集系に強いってのは確かですね。まぁ、アレです。ぬるぬるっとちゃんと動いて見えるんです。まぁ、良い買い物したなって感じ。初号機VAIOも16万でしたからね…。

とりあえずこんな感じで締めくくりたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

柚木みのり

Author:柚木みのり
趣味:女装・読書(国内推理小説)
サークル:大学ではミス研。趣味では同人サークル「きゅうり定数」の主宰です。女装や制服の評論本・研究本を出してます。

Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ

秋葉原電気外祭り minori eden 

読書メーター
minori_yukiの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。