スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャドウ(道尾秀介)

先日、『インシテミル』の映画化を記事に書いたのですが、その日を境にブログへのアクセス数が急増しました。
米澤ファンの方ってこんなにいっぱいいるんだなー、と改めて感心しました。
というのも、身の回りに米澤穂信ファンってすっごい少ないんですよね。
続々映画化の煽りもあってか東野圭吾あたりなら一緒に話す相手もたくさんいるんですが…。
『ひぐらしのなく頃に』実写化の時は、ショックの方が大きすぎたみのりですが、『インシテミル』では先にも書いたように「複雑な心境」どまりです。

さて、今回綴るのは『シャドウ(道尾秀介)』です。
先ほど後書きを読んでいるときに、「素人のブロウの感想でもあるまいに…」という一文を見つけて、心にグサリと刺さったみのりですが、とりあえず感想を書こうと思います。

シャドウ (創元推理文庫)シャドウ (創元推理文庫)
(2009/08/20)
道尾 秀介

商品詳細を見る


(以下、感想。ネタバレ部は反転)
読後感想としての第一番、悲しいかな、やっぱり比較してしまいます。個人的には、先日綴った『向日葵の咲かない夏』程の衝撃はありませんでした。あの歪んだ感じの世界観と、最後のシーンをよくよく考えてみると…っていう後味が最高だったんですよね。最後の部分なんかは手紙の描写で終わりにしてくれると良かったかなぁ。「前作の“救いがない”という批判に答えて…」への意識なのはわかりますが。あと、少々の出オチ感が拭えませんでした。今回も叙述っぽかったので、最初から折原を意識していましたし、登場人物達が精神医学関連の話をしだすと、すぐに多島斗志之(そういえば、現在失踪中でしたね…多島さんの本もなかなか面白い本が多く、一時期夢中で読んでいたことがありました。一刻も早く発見されることを願っています)の『症例A』が浮かんでしまい…後はセンター試験のために倫理勉強したのも要因かな。『シャドウ』とか出てきちゃったし。『向日葵』は今後十年間くらい忘れられない作品になりそうですが、『シャドウ』はそこまでではないかなー…みたいなところでしょうか。いえ、『シャドウ』も当然無茶苦茶面白いんです。ただ、『向日葵』の衝撃が大きすぎたんじゃないかな。
と、ちょっと不満だった点も述べ終わり、後は散々に褒めちぎることにしましょう。
いや、面白いです。向日葵を例に挙げても、おおかたの推理小説は基本的に追っていく事件は1つのものが多いです。連続殺人みたいのもありますが、それも1つの“連続殺人”という括りの中にある。ところが、この小説ではもう様々な謎が話が進めば進むほど複雑に複雑に絡み合ってきます。それが最後の数ページで1本の糸として綺麗に見えてくることが、解説にもあるとおり、“本格推理小説の膝を打ちたくなる快感”なのでしょう。
トリック面でいえば、叙述トリックであることは『向日葵』と相違ないのですが、『向日葵』が「主観トリック(いわゆる信頼できない語り手トリック)」であるのに対し、『シャドウ』は「主観描写の不足トリック(正式な名前はわかりません)」とでもいえばいいんでしょうか。同じ叙述トリックといっても方針が全く違います。もう何度、まんまと騙されたことか。上では出オチとか偉そうなこと言ってましたが、ずっと最後まで「洋一郎が亜紀を」と思ってましたよ。あれだけ、亜紀が“鳳介くんには言わない方がいい”って繰り返すし、“小父さんには会いたくない”なんて言い続けるし…これが本作最大の引っかけだったんですよね。もう見事としか言いようがありません。えーっ?!って感じでした。
また、文体的な面で言っても、みのり自身『匣の中の失楽』を読んだばかりでしたし、『向日葵』と比べても非常に読みやすかったように思います。ドキドキしながらページを捲るこの感覚、たまりませんね。

ところで、このミスリードの連続を最近どこで味わったかなと思えば、小説ではないですが「車輪の国、向日葵の少女」でした。「叙述トリックだ!きっとこの辺に何か隠されてるに違いない!」とか「如何にも怪しい!だから、ここがトリックの根本!」とか思って叙述トリック系を読み始めるんですが、最後にはまんまと騙されているみのりがいます。でも、それが気持ちよくて半ば悔しく思いながらもまた叙述系を読んでしまうんですよね。

道尾秀介が好きな人は折原一も好きかもしれない。折原一が好きな人はるーすぼーいが好きかもしれない。みたいなことを考えながら、『シャドウ』の読書録はこの辺で、

おしまい。

インシテミル映画化!

更新ネタがないどころじゃないですか!
久しぶりにRSS立ち上げてブログを巡回してたんですけど、米澤穂信さんの公式ブログに

『インシテミル』映画化の制作発表がありました(1/19)

との発表が…!
19日ってことはもう一昨日のこと。これではファン失格です…。
しかし、インシテミルを映画化ですかー!
朝日新聞の方に書かれた記事を見てみると、「ホリプロ」というところが制作されるようです。
芸能業界に全く詳しくないので何とも言えませんが、もう無茶苦茶豪華なキャストらしいですね。

<朝日新聞記事>
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201001180018.html

あぁ、そうだそうだ!
もう興奮しっぱなし、眠気も全く醒めてしまったみのりですが、『インシテミル』がどんな本か綴らないと!
米澤穂信さんが如何にみのりの中で神格化された存在であるかは過去記事である「みのりの略歴」を見て頂くとわかります。2度目のサイン会でお会いしたときに、「前に…」っていって貰えたときは感動で涙するところでした。
それだけ米澤穂信さんを崇拝しているみのりは、もちろん図書委員会でも熱心に彼の著作を布教していました。ちょうど、図書委員会が毎年発行している図書紹介冊子に『インシテミル』を紹介していましたのでそれを掲載したいと思います(元々が常体だったのを敬体になおしています。また一人称その他も大分いじってます)

インシテミルインシテミル
(2007/08)
米澤 穂信

商品詳細を見る


『インシテミル』
著 米澤穂信
短期募集のバイトを探しているあなたは、雑誌の中でこんなバイトの案内を目にしました。
『一週間の短期アルバイト。年齢性別不問。ある人文科学的実験の被験者。人権を配慮した上で、観察を行う。一日あたりの拘束時間は二十四時間とし、実験の純粋性を高めるために、外部からは隔離する。時給は、一一二〇百円とする。』
 こんな広告を目にしたら、あなたはどうします?(ちなみに、この記述中にある「一一二〇百円」は、「一一万二千円」に換算されます。)果たして、あなたはこのバイトに応募しようと思うでしょうか。『インシテミル』では、この求人広告を目にし、様々な理由で十二人が集うことに。彼らはその後、機構によって〈暗鬼館〉という地下空間に送り込まれます。そこで、次々に訪れる〈参加者の死〉。登場人物達は、互いに疑心暗鬼に陥りながら、七日間という時間を過ごしていく…といった〈クローズド・サークル〉を扱ったミステリです。
 さて、この小説を私が勧めする点は大きく二つあります。その二つに関して表現するならば、「相異なるジャンルの融合」というところでしょうか。
 一つ目の魅力は随所に散りばめられている、ミステリファンなら舌なめずりをせずにはいられない設定の豊富さです。ラウンジの円卓に集められた十二体の〈ネイティブアメリカン人形〉、各部屋のカードに刻まれた〈十戒〉、各個人に与えられる〈著名なミステリ作品〉で用いられたことのある〈殺人道具〉、そして、〈探偵〉、〈犯人〉、〈監獄〉、〈霊安室〉という概念…。最後に証される真相は、その設定に劣ることなき本格的な推理です。
 二つ目の魅力は、何と言ってもそのキャラクター設定にあるでしょう。登場人物が多数いる場合、それぞれの名前と特徴を覚える前に、人物が死んでしまったり、小説を終えてしまうことは結構頻繁にあるものです(少なくともみのりにとっては)。ところが、この作品における登場人物設定の印象深さはそのようなイメージを一蹴することになるでしょう。これは、著者のデビュー作『氷菓』及びその続編『愚者のエンドロール』の版元が涼宮ハルヒシリーズで有名な「角川スニーカー」であったことからも保証されているのではないかと思います。ライトノベルはキャラ立てが命ですから。私自身、小説の中程あたりでは、既に各登場人物が脳内で視覚化されていた覚えがあります。今回のキャストの写真を色々なサイトで見てみましたが、結構イメージに合ってる方が多くて安心しました。

いやぁ、もう一度読んでみたくなってきましたね。
「このミス」に米澤さんの方から何かを匂わせる一文がありましたが、映画だったんですね。
楽しみでしかたありません。
映画の公開は2010年秋予定だそうです。
もう、興奮のあまり文がぐちゃぐちゃですね、後で読んできっと恥ずかしい思いをするんでしょうが、いいです(→よくありませんでした。というわけでちょっと書き直してます)。
映画が終わる頃にはきっとあちらこちらの本屋さんに、米澤穂信コーナーが乱立してたりするんでしょうか。
女装少年でも書きましたけど、ファンが増えるのは嬉しいことでもありますが、ちょっぴり寂しい思いもあります。
まぁ、複雑な心境というやつです。

映画化が良いことにしろ、悪いことにしろ、とにもかくにも『インシテミル』は面白い本です。さぁ、このブログを読んでくれている極々小数の皆さん、うっかりアクセスさせてしまった皆さん、是非是非読んでみましょう。



※そういえば、駿台と代ゼミの判定でセンター試験成績からの判断ではA判定を頂けました。一応、総志望でも上から10番以内には両方入ってたのでとりあえず一般でも合格できるだけの力は残っているかもしれません。ただ、科目選択の利(特に理科)によるものかもしれないので安心はできないですが。

匣の中の失楽(竹本 健治)

匣の中の失楽 (講談社ノベルス)匣の中の失楽 (講談社ノベルス)
(1991/12)
竹本 健治

商品詳細を見る

1日1冊を目標に掲げながらも、ほぼ3日坊主で終わっていた読書録のようやくの更新です。
しかし、この本相手に1日で読破は厳しいものがあります。
読み終わった後に知ったんですが、『黒死館殺人事件』、『ドグラ・マグラ』、『虚無への供物』といったそうそうたる面々と共に、四大奇書と呼ばれる本だったらしいですね。どれもまだ未読ですが、『ドグラ・マグラ』を筆頭にお噂はかねがね聞いております。これも読後に知ったんですが、何でも『虚無への供物』から強い影響を受けてるとかで、『匣の中の失楽』を読むのなら『虚無への供物』も併読すべきだとか。言わんとすることはもっともですが、この作品並のをもう1回連続して読むのはちょっとキツいです。というか、無理です。というわけで、しばらくは大衆小説に浸ってみたいと思います。

さて、とりあえず感想です。
頭がおかしくなります。混乱どころの話ではありません。もう何度本を閉じようと思ったか…最後の方は半分義務のような気持ちで読んでいました。
いわゆる『日常の謎』系を主に好むみのりにとって、本書のように章立ての構造自体が謎のメインになっている話は久しぶりでした。一時期、物語全体の枠組みが最後に明らかになる折原的タイプの叙述を読みまくったこともありましたが、同様に枠組みがメインとなっている本であっても、『函の中の失楽』は最後の最後に謎が解けてスッキリ系の本ではありませんでした。むしろ、最後まで読めば読むほど混乱していくタイプの小説です。この辺が奇書と呼ばれる由来なのでしょう。

ミステリの分類でいえば、メタミステリの作中作系になりますがそう単純にまとめられるものではないのが本書の複雑さです。この作品では、(仮にAとBという記号を用いれば)Aパートには現実に起こる事件、Bパートには作中人物による小説で起こる事件が交互に描かれています。そういった設定であることは読み始めてすぐにわかるのですが、それがわかったところで頭が混乱しないわけではありません。
現実パートで死亡したXが、小説パートでは平然と生きていたり、小説パートで殺されるYが、現実では飄々としていたり。
章が進むにつれて、登場人物達が口々に「俺は俺の意志で動いているのか、それとも小説の一人物として動いているのか」といったことを口にするようになったり。
『光子の裁判(物理学)』を持ち出して壁すり抜けを説明したり、化学構造式が出てきたり、九星学に…。
そんな内容が原稿用紙1200枚分に思う存分散りばめられているのです。

密室のトリック自体は若干無理があるんじゃないかなぁ…と思うところもあるにはありましたが、この本の魅力は細かいトリックそれぞれでにあるのではなく、“構成”に尽きるのでしょう。読後に残るのが、トリックや犯人の名前ではなく、このふわふわした構成であることもそれを裏付けています…と言えたら格好いいですが実際、みのり自身きちんとこの本を理解できた気はしていません。きっと今から2週目に入ればまた得られるものもたくさんあるのでしょうが…ちょっとそれは精神的に厳しいようです。

これほど頭が入り乱れる小説、作者の方自身もかなり苦労しながら書かれたのではないでしょうか。著者紹介を見れば、この作品を書き上げたのが21歳の頃だとか。みのりは今18歳なので、あと3年すると21歳になります。そう考えると何だかショックです。

まぁ、とりあえずこんな感じでしょうか。
ミステリにおいてネタバレほど禁忌とされるものではありませんが…もしまだ未読の人が、この本を読む前にあらすじを知ってしまったり、犯行方法を知ってしまったりしてもこの本の読後感が大きく損なわれることはないでしょう。読んでみればわかります…といった本。

次はもうちょっとライトな本を読むぞー。

向日葵の咲かない夏(道尾秀介)

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る


何とか今日も綴ることができました。これで3日坊主ではありません。
今日は、道尾秀介の『向日葵の咲かない夏』です。
何かと話題になった本ですよね。
道尾秀介自体は、東京創元社のミステリフロンティアから出ていた『シャドウ』で名前だけは知っていたのですが、これが初めて読む小説となりました。

若手ミステリ作家としてよく、米澤穂信、道尾秀介、桜庭一樹が3人揃ってあげられます。
3人とも親交が深いようで、それぞれの方が綴られているブログでもよく互いの名前があげられています。
ちなみに、一番好きなのは米澤穂信です。好きな作家さんであるだけでなく、“はやみねかおる”が読書のきっかけだったとすれば、”米澤穂信”はミステリを読むきっかけとなった作家さんです。
まぁ、それはさておき。

さすがこれだけ話題になっただけの中身のある本でした。
ミステリのトリックもさることながら、この物語全体の枠組みへの工夫が秀逸。
物語全体の枠組みに用いられる幾つかの部分は、ありきたりといってしまえばありきたりのもの。
しかし、この本の何がすごいかは、1回最後まで読んで物語の概形を掴んだ後に、もう一度最初から読んでみることによって味わえます。
物語中に見られた奇妙な描写、不可解な描写、何気ない描写…その全てが最後に明らかにされる枠組みによって合理的に説明されるのです。物語の最後に明かされるのは、物語の枠組みと死体が消えるトリックだけ。不可解な描写に関しては、もう一度頭から読んで自分で説明を付けていくこと(=謎解き)になります。緻密に計算されたプロットを思う存分堪能できる名著です。ここまでの読書録を読んだり、本書を読み始めればすぐわかると思いますが、折原一とか『ハサミ男』とかそれ系のトリック。そして、好きな作家に折原一をあげるほどこの○○トリック、好きです。というか、ミステリのこと書いてると、ネタバレはしたくないけど考察とか載せてみたくなりますね(ここの描写あぁだったとか、あそこが何々だったとか)。特に、この本が如何にすごいかをそこで強調したい…!でも、この本のトリックにおいてネタバレは禁忌中の禁忌。諦めましょう。
加えて、これがなかなか、まるでホラーのようなドキドキを味わいながら読めます。イメージとして、

若手3人 
桜庭一樹 米澤穂信 道尾秀介
じわじわ<---->ハラハラ

な感じを持っています。

少し話題はそれますが、この本で扱われている枠組みは話題作『うみねこのなく頃に』で用いられている推理論法に類似しています。「結局、ひぐらしに続いてうみねこも推理じゃないじゃん」とか「アンチファンタジー…?」と思っている方がいらしたら、是非本作を読んでみることをオススメします。

少年名探偵 虹北恭介の冒険 フランス陽炎村事件(はやみねかおる)

今のところ、ほぼ1日1冊読書録を綴っていくことができています。
今日で3冊目。3日坊主とならないよう明日も何か綴れるといいです。

少年名探偵 虹北恭助の冒険 フランス陽炎村事件 (講談社ノベルス ハD- 5)少年名探偵 虹北恭助の冒険 フランス陽炎村事件 (講談社ノベルス ハD- 5)
(2009/08/20)
はやみね かおる

商品詳細を見る


さてさて。前回『精霊探偵』について綴る際に、「はやみねかおる」の話を少し出しました。
この作品は、彼が講談社ノベルスの方でシリーズ化していた「虹北商店街シリーズ」の最終刊となります。
とはいっても、時系列的には、

【中学生編】『少年名探偵 虹北恭介の新・新冒険』(2002.11)
-本作-(2009.8)
【高校生編】『少年名探偵 虹北恭介の冒険 ハイスクール☆アドベンチャー』(2004.11)

といった順になっていますので、まだ未読の方は注意しましょう。
まぁ時系列はともかく、これで虹北商店街シリーズも完結です。
青い鳥文庫でシリーズ化されていた「夢水清志郎シリーズ」も完結したばかりですし、何だか寂しいところです。

ページ数的にはなかなかの厚さがあったんですが、2時間くらいで読み切ることができました。久しぶりに、このシリーズに触れたわけで、ともかく懐かしかったです。文体も表現もいつも通りのはやみねかおるさん。ただ、「閑古鳥ってどんな鳥?」って思っていた当時とは随分違った読書を味わうことができました。

ミステリですが、歩く大木のトリック自体は何となく『消える総生島』を思い出してしまう感じで、途中でネタもわかってしまいました。ただ、最終的な犯人像が浮かび上がることはありませんでしたね(笑)ピラニアと牛(あれ?どこかで読んだなぁ…と思ったら、『精霊探偵』に出てきた表現でした)の例えは秀逸。最後のオチのある機械の名前は、『家族計画(D.O.)』で知っていたので何だかふふんって気分でした。
はやみねさんの作品の良いところは、他のシリーズを読んでる人にとっては嬉しい描写が幾度もなされるところです。夢水シリーズを読んでいない人は、この本を読む前に『名探偵夢水清志郎事件ノート外伝』を読んでおくと一層楽しいです。まぁ、この外伝を読むんだったら先に外伝以外の夢水シリーズを読まなきゃなりませんけどね。
残念なところは、もう少し美絵留と響子の絡みとか、ともかく美絵留の描写が欲しかったかなぁ。

舞台がクリスマスを挟んでたので、タイムリーな本でした。
去年は、『ef - a fairy tale of the two.(minori)』をプレイしていたのでこれまたタイムリーな時を過ごせていました。
今年は、クリスマスに珍しく予定が入っていますので、もしかしたら何も綴れないかも。

FC2カウンター
プロフィール

柚木みのり

Author:柚木みのり
趣味:女装・読書(国内推理小説)
サークル:大学ではミス研。趣味では同人サークル「きゅうり定数」の主宰です。女装や制服の評論本・研究本を出してます。

Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ユーザータグ

秋葉原電気外祭り minori eden 

読書メーター
minori_yukiの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。